新宿近視クリニックは、新宿(東京)にある厚生労働省から認定を受けた「先進医療の認定施設」で、サッカー日本代表の本田圭佑選手もこの新宿近視クリニックでレーシックを受けています。

本田選手が受けたアイデザインデーシックをはじめ人気のICLや老眼治療、話題のリレックススマイルなど多くの術式を、厳しい条件をクリアした眼科専門医が厚生労働省承認の最新鋭治療機器を使い手術を行っているため、個々の目に最適な屈折矯正手術を行うことができます。

新宿近視クリニックが選ばれるの4つの特徴

1|最新の治療機器

新宿近視クリニックでは、厚生労働省承認の最新鋭治療機器をはじめ個々のニーズに対応できる最新機器を取り揃えているため、一人一人の目の状態に合わせた、より精度の高い屈折矯正手術が可能です。

2|低料金へのこだわり

新宿近視クリニックでは、無駄なコストを極力削減し最新で最高の治療を適正価格で提供しています。
また、事前検査代、薬代、麻酔代、検査代などレーシック治療代以外の費用もすべて手術料金に含まれているので、追加料金などの心配は必要ありません。

◆料金一覧>>

3|検査当日に手術も可能!忙しい人のための日帰り手術

新宿近視クリニックでは日帰り手術が可能です。
午前中に検査をし午後夕方から手術をすることができるので、多忙な方でもレーシック手術を受けることができます。

4|執刀・診察がすべて眼科専門医

新宿近視クリニックでは、眼科の専門教育を5年以上受けるなどの厳しい条件をクリアした眼科専門医が執刀だけではなく、適応の判断や術後の診察までのすべてを行っています。
個々が求めている見え方を実現する確かな専門医の腕と、視力回復手術のエキスパートによるサポート体制がレーシックに対する不安を取り除いてくれます。

◆新宿近視クリニック院長・刈谷麻呂先生への突撃インタビュー>>

5|長期アフターケア制度

新宿近視クリニックでは独自の再手術無料保障を中心とした万全のアフターケアを行っています。

1.安心と信頼の再手術無料保障
回復した視力が再び近視の進行によって低下した場合、一部の手術を除いて再手術を無料で受けることができます。

2.定期検診も1年間無料
手術翌日・1週間後・3ヶ月の定期検診をと、術後1年間にわたり何回受けてもすべて無料です。
手術後のケアとして
・定期検診の際に処方される薬代(1年間)
・万一、合併症が発生した場合の治療
はすべて無料となっています。

料金一覧

レーシック
SBKレーシック 9.4万円
イントラレーシック
iFS イントラレーシック 19.8万円
iFSイントラレーシックオプティマイズ 23.8万円
カスタムフィット イントラレーシック 27.8万円
バリオデザイン レーシック 32.9万円
マックスバリオデザイン レーシック 39.8万円
ICL(アイシーエル)
ICL(アイシーエル) 49.8万円
ICL(アイシーエル)乱視あり 108万円
リレックススマイル
リレックススマイル 32.9万円
リレックススマイル2.0 39.8万円
老眼治療(アドオンレンズ)
アドオンレンズ 単焦点 25万円
アドオンレンズ 多焦点 35万円
アドオンレンズ 多焦点 乱視用 40万円
遠近両用白内障手術
カタリス クリアビジョン コンフォートプラン 49.8万円
カタリス クリアビジョン 78万円
円錐角膜治療
角膜強化法 20万円
ICRS角膜リング 78万円
ラセック
ラセック 23.8万円

特典や制度

10特典

  • ご家族・ご友人紹介制度
    家族や友人を紹介すると最大10万円の特典
  • 学割制度
    対象施術費用を1万円割引(18才以上)
  • グループ割制度
    2人以上で治療をすればそれぞれ最大1万円の割引
  • 交通費サポート制度
    対象地域にお住まいの方は、手術を受ける際の往復交通費を最大1万円までサポート
  • レーザー老眼・白内障手術限定 交通費・宿泊費サポート
    交通費・宿泊費合わせて最大3万円までサポート
  • 体験談モニター割引
    写真付体験談に協力すると5000円割引
  • 託児所補助制度
    適応検査日に上限5,000円、施術日に上限5,000円、最大で10,000円の託児所利用の補助が利用できる
  • 法人契約
    新宿近視クリニックと法人契約をしている企業の社員の方は、福利厚生の一環として手術料金から最大4万円割引

術式メニュー

レーシック

SBKレーシック
マイクロケラトームを医師が直接操作しフラップを作成し、厚生労働省やFDA(アメリカ食品医薬品局)により承認を得ているエキシマレーザー照射し視力矯正を行う比較的リーズナブルな術式です。
使用する主な機器
  • フラップ作成
    SBKウルトラマイクロケラトーム
  • 屈折矯正
    アレグレットEX500
    VISX STAR S4 IR
保証期間
定期検診
こんな人におすすめ
  • 手軽にレーシックを受けたい方
  • 軽度の近視の方
  • メガネやコンタクトレンズと同じ見え方を目指す方

◆SBKレーシックの詳細>>

イントラレーシック

iFS イントラレーシック
厚労省承認の最新型イントラレーザーiFSでより安定性の高いフラップを作成し、エキシマレーザーを角膜実質層に照射し角膜の屈折率を矯正するスタンダードな術式です。
角膜への熱影響の少ない照射が可能なため、強度の近視・乱視の方でも治療することが可能です。
使用する主な機器
  • フラップ作成
    イントラレーザーiFS
  • 屈折矯正
    アレグレットEX500
保証期間 1年間
定期検診

◆iFS イントラレーシックの詳細>>

iFSイントラレーシックオプティマイズ
フラップの作成には世界最新型イントラレーザー・イントラレースiFSを使用し、近視や乱視の矯正には世界最多実績を誇るエキシマレーザー・アレグレットEX500を使用して行う術式です。
エキシマレーザー・アレグレットEX500にはアイトラッキングシステム(自動追尾装置)が搭載され、正確に瞳孔中心にレーザーを照射することができ非常に精度の高い矯正が可能。
角膜への熱影響の少ない照射が可能なため、強度の近視・乱視の方でも治療することが可能です。
使用する主な機器
  • フラップ作成
    イントラレーザーiFS
  • 屈折矯正
    アレグレットEX500
保証期間 1年間
定期検診

◆iFSイントラレーシックオプティマイズの詳細>>

Custom Fit(カスタムフィット)イントラレーシック
フラップの作成には世界最新型イントラレーザー・イントラレースiFSを使用し、近視や乱視の矯正には世界最多実績を誇るエキシマレーザー・アレグレットEX500を使用して行う術式です。
Oculyzer(オキュライザー)にリンクさせ角膜の不正乱視を軽減させることで、ワンランク上の見え方のクオリティを実現。
エキシマレーザー・アレグレットEX500にはアイトラッキングシステム(自動追尾装置)が搭載され、正確に瞳孔中心にレーザーを照射することができ非常に精度の高い矯正と、角膜への熱影響の少ない照射が可能なため、強度の近視・乱視の方でも治療することが可能です。
使用する主な機器
  • 収差解析
    Oculyzer(オキュライザー)
  • フラップ作成
    イントラレーザーiFS
  • 屈折矯正
    アレグレットEX500
保証期間 2年間
定期検診

◆Custom Fit(カスタムフィット)イントラレーシックの詳細>>

アイレーシック

Vario Design(バリオデザイン)レーシック
フラップの作成には世界最新型イントラレーザー・イントラレースiFSを使用し、近視や乱視の矯正には世界最多実績を誇るエキシマレーザー・アレグレットEX500を使用して行う術式です。
最新の角膜形状解析装置Varioトポライザーが角膜の形状を22,000箇所にわたり検出し、新たに搭載された回旋機能により角膜中心部と瞳孔中心部のズレを補正して照射することができるため、術後の高次収差を大幅軽減することができます。
使用する主な機器
  • 収差解析
    Vario
  • フラップ作成
    イントラレーザーiFS
  • 屈折矯正
    アレグレットEX500
保証期間 3年間
定期検診

◆Vario Design(バリオデザイン)レーシックの詳細>>

Max Vario Design(マックスバリオデザイン)レーシック
フラップの作成には次世代のフェムトセカンドレーザーVisuMaxを使用し、近視や乱視の矯正には世界最多実績を誇る最新のエキシマレーザー・アレグレットEX500とVairoトポライザーを組み合わせを組み合わせて行う術式です。
フェムトセカンドレーザーVisuMaxでのフラップ作成は角膜へのダメージを最小限に抑えることが可能で、最新の角膜形状解析装置Varioトポライザーが角膜の形状を22,000箇所にわたり検出し、新たに搭載された回旋機能により角膜中心部と瞳孔中心部のズレを補正して照射することができるため、術後の高次収差を大幅軽減することができます。
使用する主な機器
  • 収差解析
    Vario
  • フラップ作成
    カールツァイス社 フェムトセカンドレーザーVisuMax
  • 屈折矯正
    アレグレットEX500
    エキシマレーザーVISX STAR S4 IR
保証期間 3年間
定期検診

◆Max Vario Design(マックスバリオデザイン)レーシックの詳細>>

ICL(アイシーエル)

ICL(アイシーエル)・ICL(アイシーエル)乱視あり
ICLはレーシックと比べ、安定した視力回復、ドライアイなどの術後の違和感が少ない、 近視の戻りがない、見え方の質が高いなどの点で優れてている厚生労働省の認可を受けた術式です。
また、角膜を削らないためレーシック治療ができない重度の近視の方でも治療が可能で、全年齢を対象として支持されている注目の治療です。
使用する主な機器
  • 機器の使用なし
  • レンズ
    EVO+
保証期間 1年間
定期検診 手術翌日、翌々日、1週間後、2週間後、1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後、 6ヶ月後、1年後
特典 0金利対象施術
こんな人におすすめ
  • 近視、遠視、乱視が強い方
  • 見え方の質にこだわりたい方
  • 角膜形状不正などの理由でレーシック不適応の方

◆ICL(アイシーエル)の詳細>>

ReLEx SMILE(リレックススマイル)

リレックススマイル・リレックススマイル2.0
ReLEx SMILE(リレックススマイル)は、レーシックのようにフラップを作らず、一台のレーザー(フェムトセカンドレーザーVisuMax)で屈折矯正まで行える次世代の角膜屈折矯正手術です。
フラップを作らないため、レーシックで心配されるドライアイやハロ・グレアの症状が軽減でき近視の戻りも少ないとことから、今後もっと注目される術式です。
使用する主な機器 カールツァイス社 フェムトセカンドレーザーVisuMax
保証期間 3年間
定期検診 手術翌日・1週間後・1ヶ月後・3ヶ月後

◆ReLEx SMILE(リレックススマイル)の詳細>>

老眼治療(アドオンレンズ)

Add-On(アドオン)レンズ 単焦点・多焦点
アドオンレンズとは、白内障の手術を受けた方に対して追加で挿入できる眼内レンズのことで、白内障手術で矯正しきれなかった近視・遠視・乱視の矯正を行います。
角膜を削って視力を矯正するレーシックよりも見え方の質がよく、万が一、元の状態に戻したい場合でも、アドオンレンズを摘出して手術前の状態に戻すことも可能です。
使用する主な機器
  • 機器の使用なし
  • レンズ
    ドイツGmbH社製 1stQ
保証期間 1年間
定期検診

◆Add-On(アドオン)レンズの詳細>>

レーザー老眼治療

カタリス クリアビジョン コンフォートプラン
多焦点レンズを用いたレーザー白内障手術をリーズナブルに快適に受けていただくためのプラン
カタリス クリアビジョン
多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術
使用する主な機器
  • レーザー白内障手術最高機能機種(厚生労働省承認機器)・クラリスレーザー
  • 水晶体の超音波乳化吸引器具(厚生労働省承認機器)・AMOシグネチャー
  • 光干渉装置(厚生労働省承認機器)・OCT
  • IOL度数計算のトータルソリューションシステム(厚生労働省承認機器)・IOLマスター
保証期間 3年間
定期検診

◆カタリス クリアビジョン コンフォートプランの詳細>>

多焦点眼内レンズ
多焦点レンズを用いたレーザー白内障手術をリーズナブルに快適に受けていただくためのプラン
使用する主な機器
  • 収差解析
    Vario
  • フラップ作成
    カールツァイス社 フェムトセカンドレーザーVisuMax
  • 屈折矯正
    アレグレットEX500
    エキシマレーザーVISX STAR S4 IR
保証期間 3年間
定期検診

◆多焦点眼内レンズの詳細>>

円錐角膜治療

角膜強化法(超高速クロスリンキング治療)
角膜クロスリンキングは、角膜にリボフラビン(ビタミンB2)点眼と医療用紫外線を照射することで、角膜の大部分を占める実質コラーゲン繊維の強度を強くする治療で、円錐角膜や角膜拡張症の進行を遅らせることが可能です。
使用する主な機器 最新型のCCL-365HEシステム
保証期間 なし
定期検診
こんな人におすすめ
  • 円錐角膜の方
  • レーシックやラゼックをすることにより、角膜の強度が弱くなるリスクが高い方
  • レーシックやラゼックの術後、角膜拡張症を発症した方

◆角膜強化法(超高速クロスリンキング治療)の詳細>>

ICRS角膜リング
周辺角膜の70%以上の深さにICRS角膜リングを挿入することで中心角膜を平らにしすることで、角膜の突出を低下させ円錐角膜の進行を抑える術式です。
万が一の場合は摘出も可能で、2003年にCEマーク、2004年にはアメリカでFDAの承認を受けている安全な治療です。
使用する主な機器
  • フラップ作成
    アメリカAMO社製「iFS フェムトセカンドレーザー®」
  • 屈折矯正
    ブラジル・メディファコス社「ケラリング」
    アメリカ・アディションテクノロジー社「インタクス」「インタクスSK」
保証期間 なし
定期検診 1日、1週、3週、1ヵ月、2ヵ月、3ヵ月、6ヵ月、1年
こんな人におすすめ
  • 円錐角膜の方
  • 角膜厚が450μm以上の方

◆ICRS角膜リングの詳細>>

ラセック

ラセック
ラゼックは角膜上皮層のみをめくり、ボーマン膜の上からエキシマレーザーを照射する術式で、フラップを作成しないためめくった角膜上皮細胞は皮膚と同じように自然再生することから、目の衝撃に強く、ボクシングや格闘技などの激しいスポーツをする方におすすめの術式です。
また、角膜の形状異常があってレーシックができない方にもラゼックなら手術が可能の場合場あります。
使用する主な機器
  • 屈折矯正
保証期間 1年間
定期検診
こんな人におすすめ
  • 角膜の厚みが足りない方
  • 角膜の形状異常の方

◆ラセックの詳細>>

オルソケラトロジー

オルソケラトロジー
オルソケラトロジーはレーシックなどの屈折矯正手術と違って、子供から高齢者まで幅広い年齢層の方が受けられる視力回復治療です。
FDA(アメリカ食品医薬品局)に認可を受け、日本では2009年に厚生労働省に承認されている術式で、近視進行を抑制する効果があることから、仮性近視の方や近視が進み始めた学童期のお子様の視力矯正法としても有効とされています。
使用する主な機器
  • 機器の使用なし
  • レンズ
    マイエメラルド(厚生労働省のみならずFDA(米国食品医薬品局)にも唯一認可されているレンズ)
保証期間
こんな人におすすめ
  • 角膜ジストロフィや再手術の方
  • お子様の近視の進行を防ぎたい方
  • 軽度~中等度までの近視の方
  • メガネやコンタクトレンズの煩わしさから解放されたい方
  • レーシックなどの屈折矯正手術に不適応の方、抵抗のある方
  • 裸眼でスポーツを楽しみたい方
  • 職業上または資格取得のために裸眼視力が必要な方

◆オルソケラトロジーの詳細>>

支払い方法

現金 手術当日までにクリニックで全額支払
デビットカード 銀行・郵便局キャッシュカードで支払いが可能(手数料なし)
クレジットカード VISA、MASTER、Diners、AMEX、JCB、UC、DC、Nicos、銀聯、ディスカバー、トヨタTS3、楽天カード、MUFG(UFJ)、オリコ、アプラス
メディカルローン オリコ、ジャックス、アプラス、ヤマトクレジットファイナンス、フレックス(九州日本信販)、セディナ
※1回~84回までの分割払いが可能

◆詳細を新宿近視クリニックの公式サイトで確認する>>

クリニック所在地

新宿近視クリニック 新宿院

住所 〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-46-3 西武新宿駅前ビル7F
診察時間 AM10:00~PM19:00
休診日 年中無休・予約制
アクセス
  • 西武新宿線西武新宿駅北口徒歩0分
  • JR新宿駅東口徒歩10分
  • 東京メトロ丸ノ内線新宿駅徒歩10分

新宿近視クリニックの公式サイトはこちら

院長の経歴

新宿近視クリニック総括院長 安田佳守臣

【経歴】

  • 2000年3月 京都府立医科大学 卒業
  • 2000年3月 京都府立医科大学付属病院 眼科学教室
  • 2001年4月  市立福知山市民病院 眼科 入職
  • 2004年3月 藤枝市立総合病院 眼科 入職
  • 2006年5月 大手近視クリニック 入職
  • 2009年4月 新宿近視クリニック&湘南メディカルクリニック 入職

【備考】

  • 日本眼科学会認定 眼科専門医
  • 日本眼科学会会員
  • 日本眼科手術学会 会員
  • 日本眼内レンズ屈折手術学会会員
  • 日本角膜学会会員
  • イントラレース認定指導医
  • VISXエキシマレーザー認定指導医