レーシック難民化が怖い!

a48矯正後の視力2.0!
こんな数字に反応してしまうかもしれませんが、全ての人が視力2.0になって快適な裸眼生活を送れるわけではありません。

人にはそれぞれ適正な視力があります。
見えすぎること(過矯正)は、見え方のバランスを崩してしまいます。

物を見るという行為は複雑なメカニズムによって機能されているので、単純に数値だけで角膜を削ってしまうことは、さまざまな弊害を起こしてしまいます。

見え方のバランスが崩れると、極度の眼精疲労から頭痛・めまい・吐き気・ドライアイなどさまざまな症状を引き起こし、日常生活を送ることさえままならなくなるケースもあります。

さらにその症状に対して何も対応してくれないようなクリニックでレーシック手術をしてしまった人達が「レーシック難民」と呼ばれ、いろいろな眼科を転々とし解決策のないまま苦しんでいます。

thint レーシック難民にならないためにも、きちんとしたドクターがいるクリニックで適性検査を受けることがレーシックの基本的な部分です。
レーシック手術はクリニック選びさえ間違えなければ何も怖くない!」のです。

point 適性検査は、適正な矯正度数を決めるために最新技術による高度な検査を行います。
さらに、判断基準はドクターによって変わってくるので、最低でも2か所以上のクリニックで適応検査を受けることをおすすめします。

a161人1人に最適な術式を判断できるドクターがいるのはこのクリニック

[myphp file=’scode2′]

関連記事

  1. レーシック手術で絶対に失明しない理由とは

  2. レーシック手術事前の注意事項と禁止事項について

  3. レーシックと住宅ローン

  4. レーシック難民

  5. レーシックの事前準備で最も重要な適応検査について

  6. 術後の注意事項と禁止事項その2:スマホ、スポーツ、運転はいつからできる…

注目のトピックス

独占インタビュー特集