レーシックの費用と相場比較|一番費用対効果の高い視力回復法は何か?

レーシックを受けたいなと思ったとき、安全性と同じくらい気になるのが費用のことです。
すでにレーシックを受けたことのある人は、いったいどれくらいのお金を払っているのでしょうか?

レーシック体験ブログなどを検索してみても、そこに書かれている金額はさまざま。
数万円から40万円超まで幅広い金額が書かれていますが、これはその人によって適している術式が違う、さらにクリニックによって同じ術式でも設定金額が違うということを表しています。

ですから〇〇さんはこの術式でこの金額だったけれど、あなたがこれから同じ術式で別のクリニックでレーシックをした場合に支払う金額が違うケースがあるということです。
こちらではレーシッククリニックで設定されている一般的なコースや、その相場金額についてお話していきます。

なぜ安いレーシックと高いレーシックがあるの?


前述した数万円のレーシックと40万円超のレーシックは、いったい何が違っているのでしょうか?
ざっくりいうと、安いレーシックは昔からある手法で手術をし、なおかつ術後の保証期間が短くなっています。
高いレーシックは、最先端の技術や機器を使って手術を行い、なおかつ保障期間が長く設定されています。

ここで大切なのは、安いレーシックだからといって安全性に不安があるという意味ではないということ。
術式が古いだけで、機器などは今の時代に合ったものを使用していますし、衛生管理もなんら問題はないのです。

ではなぜ最先端の術式は値段が高いのでしょうか
それは設備機器の導入に莫大なお金がかかっているからです。

レーザー機器を一台導入するだけで数千万円から億を超えるお金がかかります。
高いレーシックには、それらの最先端レーザー機器を数種類使うことがあり、どうしてもひとつの手術当たりの単価が高くなってしまうのです。

安いレーシックに使用する機器は値段が安く、高いレーシックに使用する機器は値段が高い。
レーシックについてはそう思っておいていただけるといいでしょう。

レーシックの人気コースと相場について

クリニックによって名称は異なりますが、内容で分けるとレーシックには以下のようなコースが用意されています。

術式 相場
スタンダードレーシック 7~15万円
エピレーシック 10~30万円
イントラレーシック 20~35万円
ラゼック 16~25万円
アイレーシック・アイデザインレーシック 30~40万円
PRK 25~30万円
レクスト 30~35万円
リレックススマイル 30~40万円
フェイキックIOL 40~80万円
イントラ角膜リング 45~80万円
オルソケラトロジー 15~20万円

レーシックでもっとも人気があるのは、イントラレーシックを受けられるコースで、医療用レーザーを用いてフラップを形成する術式です。
クリニックによっては20万円台から受けることができるため、あまりお金が用意できないけれどレーザーを使った先端技術でレーシックがしたいという人に多く選ばれています。

また予算が20万円までという人にはスタンダードレーシックのコースが人気です。
こちらはフラップ形成に医療用レーザー機器を使わないために、料金が比較的安価に設定されています。

イントラレーシックよりも上位のコースになってくると、目のことだから料金よりも見え方の質や安全性にこだわりたいという人から選ばれています。
30万円から80万円と高額になってきますが、最初は検討していなくてもカウンセリングを受けるうちに上位のコースに変更する人も多いようです。

クリニックごとにレーシックの値段が違うのはなぜ?


レーシック手術は健康保険の適用がない自由診療です。
そのため手術の値段は、クリニックが自由に決めることができます。

手術に使うレーザー機器の種類や台数、さらにアフターケアにどれくらい力を入れているかによってその設定価格は変わってきます。
レーシックは手術からアフターケアまでまるまるパッケージ料金になっていることも多いですから、どうしてもクリニックによって料金が変わってくることに。

数年の保障を行っているクリニックと、生涯保障を行っているクリニックでは、価格が異なっていて当然だといえるでしょう。
ですからレーシックは値段の違いだけを比較してもあまり意味はなく、カウンセリングから手術内容、術後の保証までひっくるめて検討するべきなのです。

眼鏡やコンタクトレンズのほうが得?レーシック以外の視力矯正と比べてみた!


レーシックを受ける際にはまとまった金額が必要となりますが、そもそも眼鏡やコンタクトレンズによる視力矯正と比べて費用対効果はどうなっているのでしょうか。

  • イントラレーシックの場合
    もっとも多くの人たちから選ばれているイントラレーシックです。
    一度レーシックを受けるだけで、およそ9割の人がずっと良好な視力を保つことができています。

    術後に視力が戻ってしまった人のための保証期間を設けているクリニックも多く、適用を受けられれば2回目の費用はかからないか、ごく安く済ませることができます。

  • 眼鏡の場合
    眼鏡をかけることはもっともオーソドックスな視力矯正の方法です。
    かけたり外したりすることができるのは便利でありますが、一方で入浴中やプールなどでは必要なのにかけることができないという不便さもあります。
    スポーツをする際には眼鏡が邪魔だと感じることも多いでしょう。

    お手入れについては、コンタクトレンズのように毎日洗浄と保存を繰り返す必要もなく、汚れたらふくだけできれいになり簡単に済ませることができます。
    また目に直接触れることがないため、眼球に負担をかけることがありません。

    眼鏡をつくると2~3万円くらいかかります。
    一生同じ眼鏡を使い続けられることはほとんどなく、度数の進行により数本を作り替えることになります。

    また破損時や災害時のためにスペアの眼鏡を作る人が多く、その場合には2本分の費用がかかります。
    一生で6本の眼鏡を作るとすると、スペア分を合わせて24~36万円くらいかかってしまうことになります。

  • コンタクトレンズの場合
    コンタクトレンズにはハードとソフトの2種類があり、さらにソフトには同じレンズを洗浄・消毒しながら使い続けるものと、使い捨てタイプのものがあります。

    現在の主流である使い捨てタイプの場合、だいたいひと月で2500円ほどかかります。
    一年に換算すると18000円、20歳から70歳まで使うとすると90万円です。

    実際には、コンタクトレンズが目に与える影響から、連続で装着するのは25年が限界だといわれています。
    25年間連続で使い捨てコンタクトレンズを使いつづけるとして、費用は45万円ほどとなります。

レーシック・眼鏡・コンタクトレンズの生涯にかかる費用を比べてみると、もっとも高くつくのがコンタクトレンズということが分かります。
そしてレーシックと眼鏡は同じくらいの費用となりますが、眼鏡の場合は一生かけ続けなくてはならないというデメリットがあります。
かかる費用が同じくらいなら、一度の手術で裸眼生活ができるくらい視力が矯正できるというレーシックのメリットが勝るといえるでしょう。

視力矯正するならやっぱりレーシックがお得です!


費用の面から考えると、眼鏡かレーシックどちらでも同じくらい払うことになりますが、術後の裸眼生活のメリットはやはり大きいもの。
レーシックを受けたいと考えている人にとって、眼鏡がわずらわしいから外したいというのは大きな動機のひとつです。

レーシックは手術のときにまとまったお金が必要となりますが、それ以降にかかるお金は再手術をしない限り不要です。
眼鏡はつくるときの金額は小さくて済みますが、数年に一度定期的に出ていく出費として用意しておかなくてはなりません。

視力矯正するならレーシックと考える人が増えているのは、同じくらいの金額を支払うなら裸眼生活のほうをとりたいと結論付ける人が増えているからだといえるでしょう。

関連記事

  1. 術後の注意事項と禁止事項その3:プール、海はいつから行ける?紫外線は大…

  2. 術後の注意事項と禁止事項その2:スマホ、スポーツ、運転はいつからできる…

  3. レーシック手術の2chに書かれた情報

  4. レーシックと住宅ローン

  5. レーシックの再手術を行うのはどんなケースか?費用やリスクまで詳しく解説…

  6. レーシックの過矯正とは?その症状と再手術など治療すれば治るのか

注目のトピックス

独占インタビュー特集