レーシック難民

一つはレーシックを行ったクリニックの患者に対する体制が問われます。

最近のエキシマレーザーではレーザーを照射する際に万が一、瞳孔が動いてしまった時追尾システムと言って瞳孔を追いかけるシステムが付いているそうで、少しの動きならその動きに合わせて
レーザーが自動的に追いかけてくれるそうです。

もし瞳孔に大きな動きがあった場合には安全装置が働いてレーザーが照射されないような仕組みになっています。

こういった機械を取り入れていなかった事も考えられますし、術後に不具合を訴えているにも拘らずまともに対応しないと言った事もあるようです。

レーシックを行うには多額の費用もかかりますから、お金があれば他のクリニックへ行って再手術と言う選択肢も選べますが、不正乱視を起こしていれば視界もかなり悪くなっており、仕事にも多大な支障が出ると考えられます。

そうすると再手術を受けるお金すらなくて、どうする事も出来ないといった状態に陥っているようです。

これはこういった対応の悪いクリニックを選んでしまった自分にも多少なりの責任はあると言えます。

関連記事

  1. レーシック手術当日の手順や流れを詳しく解説!

  2. レーシックの事前準備で最も重要な適応検査について

  3. レーシック難民

  4. レーシックの過矯正とは?その症状と再手術など治療すれば治るのか

  5. レーシックの適応年齢とは?年齢制限はあるのか?年齢で注意すべき点とは

  6. レーシックと運転免許

注目のトピックス

独占インタビュー特集