レーシック難民

2000年にレーシックが日本で認められるようになってから、レーシックは年々浸透していき、多くの人たちがレーシックに関心を持つようになっています。

その一方で、いわゆるレーシック手術に失敗したとされるレーシック難民と呼ばれる人たちもわずかながら存在しています。

このレーシック難民とは何なのかについて調べてみました。

レーシック難民とは、レーシック手術を受けたにもかかわらず思うように視力が回復しないばかりか、手術中の不手際などにより不正乱視などを引き起こし、頭痛やめまい、吐き気などを常時伴い通常の生活もままならなくなった人たちの事を指しています。

この不正乱視が起きる原因は、エキシマレーザーを照射する際に瞳がレーザーからずれてしまい、本来照射されるべき位置に照射されなかった事によって起きているということが予測されています。

角膜の厚みが十分にある場合には、再手術も可能なようですが、中には悪徳なクリニックもあり、「月日が経つと落ち着くから」と言う事で何もしてくれないクリニックも存在するようです。

ではどうしてこんな事になってしまうのでしょうか。

関連記事

  1. レーシック前のセカンドオピニオンが必要な理由とレーシック難民のためのセ…

  2. レーシックの再手術を行うのはどんなケースか?費用やリスクまで詳しく解説…

  3. 手術後は普通に生活できるの?

  4. レーシック手術当日の手順や流れを詳しく解説!

  5. レーシックの事前準備で最も重要な適応検査について

  6. 強度近視でも視力回復ができる!最新のレーシック手術はリスク極小

注目のトピックス

独占インタビュー特集