レーシックの適応年齢とは?年齢制限はあるのか?年齢で注意すべき点とは

レーシック手術を受けたい!と思っても、すべての人が受けられるわけではないということは案外知られていません。
レーシックには適した年齢というものがあり、その範囲から逸脱すると受けることができないのです。

18歳未満の人はレーシックを受けることができないと、日本白内障屈折矯正手術学会で定められています。
また40歳以上の人は、術式によって受けられないものも出てきます。

ですがそれは個々のケースで異なり、一律にこの年齢以上は受けられないというものではありません。
いつから受けられるかというのは決まっていても、この年齢以上ではレーシックを受けられないという決まりは今のところないのです。

以上のことから、ざっくりいうとレーシックは18歳未満の人は受けることができず、40歳以上はその人の状態により手術可能かが変わってくる手術だといえるでしょう。

どうしてレーシックには年齢制限があるの?


まず18歳未満の人がレーシックを受けられない理由からお話しします。
それは、体が成長している途中であり、目の状態が変わる可能性があるからです。

もし成長過程でレーシックをして一時的に視力が回復しても、その後また視力が低下してくることもおおいに考えられます。
大人になってもう一度レーシックを受けようとしたとき、子どものときの手術がネックになり思うように視力矯正ができないこともあるのです。

また40歳以上になると、老眼が進行する人が増えてきます。
老眼の始まる時期は人によって違いますから、40歳以上の人はまず老眼の有無や進度を調べることが必要となります。

さらに50代から60歳以上になると老眼に加えて白内障・緑内障などの症状が出てくる人も多くなります。
そうなってくるとレーシック以外の治療法を選択する必要性も出てきますから、視力の矯正にレーシックが有効な年代というのは、やはり18歳以上40歳未満の若いうちといえるのです。

未成年がレーシックを受けるにはどうすればいい?


18 歳以上であっても、未成年の人は保護者の同意が必要です。
また中学校を卒業し働いている人で、視力を矯正しないと仕事に支障をきたしてしまうという場合はクリニックに相談することで手術を受けられるケースもあります。

小学生や中学生で視力を矯正したい場合は、レーシック手術ではなくオルソケラトロジーのような角膜を切開しない矯正方法を勧められることが多くなっています。
オルソケラトロジーは目が成長途中の年代のほうが効果が出やすくなっていますから、そちらを選択するのも有効な方法です。

中学生までは、クリニックに相談してもレーシックを受けることはできません。
中学校卒業後の未成年は、保護者の同意のもとでクリニックに相談してみることで、レーシックを受けられる可能性があると知っておきましょう。

未成年や高齢者がレーシックを受ける際のリスクとは


未成年がレーシックを受けると、そのときは満足できる視力が戻っても、体の成長に伴って術後の視力がふたたび下がってしまうことがあります。
体の成長の終わりは人によって大きく異なりますから、この年齢なら大丈夫と断定することはできません。

未成年のときに受けたレーシックの効果が薄くなり、成人後に再度レーシックを受けたいと思ったときに、角膜の状態が変わっており受けることができないといわれるケースもあります。
レーシックは体の成長が終わった成人後に受けることがいいという理由はそこにあるのです。

また40歳を超えると、白内障や緑内障、糖尿病など目の健康に支障をきたす病気を発症することが増えてきます。
そうなるとレーシック手術が受けられなかったり、レーシック以外の治療法を提案されたりすることもあります。

体力も少しずつ低下していくため、感染症にかかりやすくなったり、回復が遅れたりするリスクも。
これらのことから、未成年と高齢者のレーシックは注意が必要だといえるのです。

目の状態は個人差が大きい!未成年も高齢者もまずは相談から


レーシックは18歳以上でないと受けることができませんが、上限ははっきりと決まっていません。
上限については個々の目の状態がさまざまなため、検査してみないとレーシックが受けられるかどうかわからないのです。
そのため40歳そこそこの人でもレーシック以外の治療法を勧められることもありますし、60代でも問題なくレーシックが受けられることもあります。

未成年でも40歳以上でも、自身のケースはどうなのかをまずは専門家に相談してみることから始めてみてください。
クリニックによってはホームページから質問できるところもありますから、自身の年齢や状態を明記して相談してみることをおすすめします。

関連記事

  1. 手術後は普通に生活できるの?

  2. レーシックは医療費控除の対象!実際いくら節税できるか調べてみた

  3. レーシック難民

  4. レーシックの後遺症や合併症まとめ|副作用や発症率など詳しく解説

  5. レーシックの成功とは

  6. レーシック手術当日の手順や流れを詳しく解説!

注目のトピックス

独占インタビュー特集