レーシックの成功とは

レーシックを受ける際に希望する事とはどんな事でしょうか。
やはり多くの人が、1.5や2.0の視力を希望するようです。

1.5や2.0の視力って聞くととても憧れますが、実際にはどうなんでしょうか?

近視が強かった人がいきなりそこまで回復してしまうと、その反動で今度は近くが見えづらいといったことも起こります。これを過矯正といいます。

信頼できるレーシッククリニックというのはこの過矯正を進めたりはしません。
遠くは良く見えて快適になるかもしれませんが、近くの文字が見にくくなったりするので、眼精疲労が起こりやすくなります。

眼精疲労が起こると頭痛や肩こりなどの原因にもなりますので、視力が回復してうれしいはずなのに、別の症状で頭を悩ませるということになるからです。

なので、レーシックを行う際の成功とは使用しているめがねやコンタクトレンズで矯正して見える視力位まで回復することが出来れば成功といわれています。

メガネやコンタクトレンズで1.0程度の人が1.5や2.0まで回復してしまうと、かえって目に負担がかかってしまうということですね。

関連記事

  1. レーシックの事前準備で最も重要な適応検査について

  2. 術後の注意事項と禁止事項その1:コンタクトと化粧はいつからできる?

  3. レーシックの再手術を行うのはどんなケースか?費用やリスクまで詳しく解説…

  4. レーシックと格闘技

  5. レーシック難民

  6. レーシック難民化が怖い!

注目のトピックス

独占インタビュー特集