老眼とレーシック

レーシックを受けると老眼が早まるなんて噂があるようですがこの真実についての真相を調べてみました。

レーシックは近視や乱視、遠視などを回復することの出来る視力矯正手術です。
レーザーを使用して角膜の一部を削ることにより屈折率を調整することで視力が回復するのですが、日本でレーシックを受ける人の殆どが近視の為に手術を受けています。日本は欧米に比べ近視の人が多いと言われています。

近視の状態のときではメガネやコンタクトレンズなどで矯正をしている人も多いかと思いますが、テレビを見るときだけ、車を運転するときだけ、外出するときだけ使用する人もいるかと思います。

矯正している間は良く見えると思うのですが、裸眼になると良く見えなくなりますよね。

レーシックを行うと裸眼で生活できるようになる事が殆どのため、今まで良く見えてなかった遠くのものが良く見えるようになったりします。

するとピントが遠く似合っているために、今度は近くが見えづらくなったりするのです。
老眼は誰にでも訪れるものですので、今まで気づかなかったことでも視力が回復することにより気づいてしまい、結果老眼の出が早くなったと感じる人も少なくない様です。

関連記事

  1. 手術後は普通に生活できるの?

  2. レーシックの歴史について調べてみました

  3. レーシックの再手術を行うのはどんなケースか?費用やリスクまで詳しく解説…

  4. レーシック前のセカンドオピニオンが必要な理由とレーシック難民のためのセ…

  5. 術後の注意事項と禁止事項その1:コンタクトと化粧はいつからできる?

  6. レーシック難民

注目のトピックス

独占インタビュー特集