白内障の治療にレーシッククリニックが最適な理由とは?リスクを最小限に抑えた最新技術で視力を回復

白内障ってどんな病気?

白内障とは、水晶体が白く濁ってくる病気です。
水晶体はレンズの役割をする部分ですが、加齢とともにだんだん透明度が下がり、白く濁ってくると、視界がクリアでなくなりぼやけてきたり、かすんだりするようになります。
白内障は一度なると治らない病気であり、最終的には手術するしかありません。
以前は白内障の手術はなるべく遅くという方針でしたが、このごろでは早い段階から白内障手術をするようになってきました。
そしてレーシックでの白内障手術が最近ではポピュラーになりつつあります。
白内障治療にレーシックが適している理由を見ていきましょう。

一般的な白内障治療とは?

通常の白内障の治療は、おおまかにいうと濁った水晶体を除去して眼内レンズを入れるという内容となっています。
角膜に小さな穴をあけ、そこから超音波の出る棒状の機器を挿入し、水晶体を破壊しながら吸い出していきます。
空洞になった水晶体の部分に代わりとなる眼内レンズを挿入し、傷を縫合して終了です。
所要時間はおよそ20分程度となっています。

レーシッククリニックによる白内障治療とは?

レーシック手術を行っているクリニックでも白内障治療をすることができます。
一般的な白内障手術では医療用レーザーを使うことはありませんが、レーシッククリニックではさまざまな工程で積極的にレーザーを使用しています。

レーシッククリニックでは、コンピュータ制御ができるフェムトセカンドレーザーを使い、従来手作業で行っていた工程をオートメーション化することができます。
水晶体全嚢とよばれる部分を切開する際、手作業ではどうしてもいびつな形になりがちでしたが、レーザーを使用することで完全に近い円形にすることができます。
また多焦点レンズを挿入する際にも、コンピュータで解析してから中心位置を決めることが可能です。
そして各工程にかかる時間がぐんと短縮されているのも利点といえます。
いままで「これくらいは仕方がない」とされていた細かい部分まで、きちんと処置していくことができるのがレーザーによる手術の特徴です。
術後にかゆみが出たり、ふたたびかすみが出て見づらくなったりといったことがあり得る白内障手術ですが、フェムトセカンドレーザーを使って手術することで、術後の後遺症のリスクをぐんと下げられるようになっています。

レーシッククリニックによる白内障治療のメリット・デメリットについて

白内障手術をレーシッククリニックで行うことのメリットは以下のとおりです。

・オートメーション化されているため、医師の技術の差に左右されることが少ない
・それぞれの工程にかかる時間が短く、目へのダメージが軽減される
・感染症などの副作用リスクが軽減され、術後の見え方が安定する
・術後に症状が戻ったり視力が下がったりしたら、レーシック手術を受けることができる

またデメリットも存在しています。
・日本では海外ほど普及しておらず、手術できるクリニックが限られている
・一般的な白内障手術に比べてコストがかかる

メリットのほうが大きいレーシッククリニックによる白内障手術ですが、住んでいる場所によっては受けたくても受けられないこともあります。
また最先端技術による安全な手術は、コストもそれなりにかかってきますから、まずはカウンセリングを受けて検討してみてください。

技術はどんどん進化している!レーシッククリニックで白内障は改善できる

海外ではもう白内障手術のスタンダードはフェムトセカンドレーザーによるものに移っています。
ですが日本ではまだ普及中の技術であり、これから症例数がどんどん増えてくるとみられています。
かつては白内障手術はギリギリまで我慢してから受けるものといわれていましたが、もうそれは過去の話です。
なるべく症状が軽いうちにフェムトセカンドレーザーによるオートメーション化された白内障手術を受けることは、老後の人生をより良い方向へ変えてくれるでしょう。
レーシッククリニックの白内障治療で、クリアな世界をふたたび取り戻すことができますよ。

関連記事

  1. レーシックでは対応できなくてもフェイキックIOLなら手術可能!リスクの…

  2. レーシックってどんな術式?何を使うの?治療方法について

  3. 次世代の視力矯正手術・リレックススマイルとは?治療方法や効果、リスクま…

  4. 手術せずに視力を矯正するオルソケラトロジーの治療方法とは

  5. 円錐角膜の画期的な治療方法「クロスリンキング(角膜強化法)」は視力矯正…

  6. 次世代の視力矯正手術・レクストとは?治療方法や効果、リスクまで

注目のトピックス

独占インタビュー特集