イントラレーシックってどんな術式?種類や使用機器、治療法からリスクまで

イントラレーシックってどんなもの?

イントラレーシックは、現在のレーシック手術のなかで主流となっている術式のひとつです。
従来の方法であるマイクロケラトーム(医療用カンナ)で角膜を削るのではなく、コンピュータ制御されたフェムトセカンドレーザーという機器を用いてフラップを形成します。
医師の腕前に左右されるところのあるマイクロケラトームによる施術よりも、安定してフラップを作ることのできるイントラレーシックを選ぶ人が増え続けているのです。

イントラレーシックの特徴とは

イントラレーシックの特徴としては、フラップ生成時のトラブルが少ないという点がまずあげられます。
マイクロケラトームを使った施術では、医師の技術の差により仕上がりが均一にならないことがあります。
コンピュータで制御されたイントラレーシックでは、どの人にもほぼ同じようなフラップを形成することが可能です。
そのためフラップを削り過ぎたり、誤って角膜を傷つけてしまうというリスクが軽減されているのです。
またフラップの断面が均一に仕上がるため、術後の見え方への影響も大幅に改善できるようになっています。
イントラレーシックは、安全性の高いレーシック手術を望んでいる多くの人が希望する術式なのです。

イントラレーシックで使う機器

イントラレーシックでは、フェムトセカンドレーザーを使用します。
これはアメリカのFDA(米国医薬品局)と厚生労働省によって認められている、安全性の高い機器です。
フェムトセカンドレーザーには、イントラレースFSレーザーや、iFSフェムトセカンドレーザーなどといった種類があります。
フェムトセカンドレーザーを制作する会社がいくつかあり、それぞれ名称が異なっているのです。

この機器から発射されるレーザーが、一定の薄さだけに作用してフラップを形成します。
イントラレーシックを行っているクリニックは、どこもフェムトセカンドレーザーを使って施術を行っているのです。

またフラップを形成した後には、エキシマレーザーを使って角膜を削り視力を矯正します。
エキシマレーザーにはビジックス・スター S4 IR®、AMARIS、Allegretto Wave、Technolasなどの種類があります。
クリニックによって使用している機種が異なるため、性能や精度に差が生じ、術後の仕上がりが違ってくるのです。

イントラレーシックがおすすめな人は?

イントラレーシックが適しているのは、次のような人です。

・角膜が薄くて従来のレーシック手術が受けられない人
・近視や遠視・乱視が強い人
・術後のハロ・グレアなどの後遺症を避けたい人
・できるだけ安全にレーシック手術を受けたい人
・体を使う仕事や、激しいスポーツをしている人

イントラレーシックはごく薄いフラップを生成することができますので、角膜の厚みが足りず従来のマイクロケラトームを使用したレーシックができないと言われた人でも受けられる場合があります。
また近視や遠視・乱視が強い人も一度に矯正してしまえるのもメリットのひとつ。
コンピュータで正確に制御できるイントラレーシックでは、細かい条件にもしっかり対応することができるのです。

レーシック手術の後には、後遺症としてまぶしさを感じやすくなったりすることがあります。
その原因となるフラップにつく細かい傷を、イントラレーシックでは極限まで減らすことができます。
イントラレーシックはマイクロケラトームによる手術に比べ、予期せぬトラブルが起こりにくいため、できるだけ安全に施術したい人におすすめの術式です。
同じ理由から、体を激しく使う人でもフラップがずれにくく、後遺症が起こりにくいレーシック手術だといえるでしょう。

イントラレーシック手術の手順

イントラレーシック手術は、以下の流れで行われます。

・点眼麻酔をかける
・イントラレースレーザーを照射してフラップを形成する
・エキシマレーザーを照射して視力を矯正する
・フラップを戻し消毒をして終了

一連の手順の所要時間は20分程度です。
この後は回復室で15分ほど安静にし、医師の診察を受けて異常がなければ帰宅することができます。

イントラレーシックのリスクについて

コンピュータ制御のレーザーを使用するイントラレーシックは、とても安全な手術です。
それでもやはりイントラレーシックにもリスクは存在しています。
イントラレーシックでは、マイクロケラトームを使用するレーシックに比べて、フラップの形成に少し時間がかかってしまいます。
そのため20分程度とはいえ、他の術式よりも長目の手術時間となりますので、それが苦痛に感じる人もいるでしょう。
また麻酔の効き具合は人によって違いますので、術中にチクチクした痛みや違和感を持つ時間が長くなるという点もデメリットとなります。

それ以外の感染症や光のまぶしさといったリスクについては、一般的なレーシックと同じか、やや低くなっています。
手術時間が気にならないのであれば、リスクはむしろ軽減される術式だといえるでしょう。

レーザーで精密なフラップを作成できるイントラレーシック

目は生活していくうえで欠かせない大切な器官です。
それだけにレーシックを受ける際には、万が一のリスクが心配になるもの。
医師の技量に左右されることのないイントラレーシックは、その心配を最小限にしてくれる術式だといえるでしょう。
目の状態はひとりひとり違っています。
コンピュータ制御のイントラレーシックは、精密な計算に基づきそれぞれの目の状態に合わせてオーダーメイド感覚で行われます。
眼球の微細な凹凸まで完璧にカバーでき、かつ極めて薄いフラップを生成できるという点は、やはり手動のレーシックにはない最大のメリットだといえるのです。

関連記事

  1. 次世代の視力矯正手術・リレックススマイルとは?治療方法や効果、リスクま…

  2. あのサッカー選手が選んだアイレーシックはどんな術式?種類や使用機器、治…

  3. ラゼック、エピレーシック、PRKの違いと共通点

  4. 次世代の視力矯正手術・レクストとは?治療方法や効果、リスクまで

  5. レーシックの術式は何が違う?主な術式の特徴とセルフ適正術式診断

  6. 白内障の治療にレーシッククリニックが最適な理由とは?リスクを最小限に抑…

注目のトピックス

独占インタビュー特集