レーシックで老眼治療ができるのか?種類や使用機器、治療法からリスクまで

老眼は加齢とともに近くのものが見えにくくなってくる症状をさします。
よくドラマなどで、お年寄りが手元の本や新聞などを離して読んでいるシーンがありますね。
その様子は老眼を表しているのです。
人によって程度の差はありますが、早い人は40歳くらいから症状が出始めます。
そして50代になると大半が老眼の症状を自覚するようになるといわれているのです。

わたしたちの目の水晶体という部分は、遠くを見るときには薄く、近くを見るときには厚くなりレンズの役目を果たしています。
ですが年を取ると、この調整がうまくできないようになってくるのです。
以前より目が疲れやすくなった、手元の文字が見えづらくなった、暗い所でものが見にくくなってきた、遠くから近くへ視点を移したときにピントが合いにくいなどと感じることが増えたなら、それは老眼の始まりかもしれません。

レーシックでできる老眼治療の種類

老眼はレーシック手術で改善することができます。
手術での老眼治療には、以下の方法があります。

・モノビジョンレーシック
片目は遠くを見やすいように、もう片目は近くを見やすいように視力を矯正する手術です。
術後は少し見え方に違和感をおぼえることもありますが、すぐに慣れて遠くと近くで目を使い分けられるようになってきます。

・遠近両用白内障手術
老眼と一緒に白内障も治療できる術式です。
これは一般的な白内障手術で使われる単焦点眼内レンズでなく、多焦点眼内レンズをもちいて行う手術です。
術後は遠くも近くもメガネをかけずに見える範囲がぐんと広がります。
遠近両用白内障手術では、レーザー機器を使う場合と使わない場合があります。
基本的に通常の白内障手術と同じですから、クリニックによって、また個々のケースによっては使用しないこともあると知っておきましょう。

・リーディングアイ
リーディングアイはレーシックカムラ・アキュフォーカスレンズとも呼ばれる方法です。
角膜の一部を切開し、そこからカムラインレーという特殊なレンズを挿入します。
これはピンホール効果を使った視力矯正手術です。
効き目ではないほうの目にだけカムラインレーを装着することで、近くも遠くもよく見えるようになるのです。

・Vue+(ビュープラス)
Vue+は、モノビジョンレーシックを応用した老眼地用法です。
レーザーでフラップを形成し、raindrop(レインドロップ)と呼ばれる小さなレンズを角膜に挿入します。
これは片目だけ近くが見えるように矯正する術式となっています。

・スープラコア
通常のレーシックのようにフラップを形成し、エキシマレーザーで遠近両用コンタクトレンズのような形状に削り視力を矯正します。
以前にレーシックを受けたことのある人は施術することができません。

・Add-On(アドオン)レンズ
Add-On(アドオン)レンズは、すでに白内障手術を受けていて、メガネをかける頻度を減らしたい、裸眼で生活したいという人におすすめの術式です。
目に負担をかけるレンズの入れ替えは不要で、レンズを追加していける点が特徴です。

レーシックによる老眼治療では、フラップを作る際にイントラレーシックで使用するレーザー機器を用いて手術を行います。
アメリカのFDA(米国医薬品局)と厚生労働省によって認められている、フェムトセカンドレーザーという名称の機器です。
フェムトセカンドレーザーには、イントラレースFSレーザーや、iFSフェムトセカンドレーザーという種類があります。
メーカーによって名称は違いますが、同じような性能を持った精密な機器なのです。

レーシックによる老眼治療はどんな人におすすめ?

レーシックによる老眼治療は、以下のような人に向いています。

・40歳~60歳くらいの、老眼の症状が出てきている人
・メガネなしで近くも遠くも見えるようになりたい人
・近視・遠視・乱視に老眼が重なっている人
・シニアになってもスポーツを楽しみたい人

これまで近視や遠視、乱視などに悩まされていたけれど、レーシックにはなんとなく抵抗があり踏み切れなかった。
けれどそこに老眼の症状が重なってきたので、思い切ってレーシックを受けてみようかという人が増えています。
メガネやコンタクトレンズでの老眼への対処が面倒で限界を感じている人や、スポーツするのにメガネが邪魔だと感じている人にもおすすめのレーシック手術です。

モノビジョンレーシックによる老眼治療の手順

モノビジョンレーシックの手術手順は以下のとおりです。

・点眼麻酔をかける
・イントラレースレーザーを照射してフラップを形成する
・エキシマレーザーを照射して視力を矯正する
・フラップを戻し消毒をして終了

モノビジョンレーシックの所要時間は20分程度です。
この後は回復室で15分ほど安静にし、診察の結果異常がなければ帰宅することができます。

遠近両用白内障手術による老眼治療の手順

遠近両用白内障手術による老眼治療の手順
遠近両用白内障手術の手順は以下のとおりです。

・点眼麻酔をかける
・角膜をわずかに切開し、濁った水晶体を吸い出す
・折りたたんだ眼内レンズを挿入する
・縫合、消毒して終了

遠近両用白内障手術は、通常の白内障の手術と工程は変わりません。
使用するレンズが異なっているだけです。
レーザーをもちいるクリニックの場合は、角膜の切開のときにフェムトセカンドレーザーを使用します。
術後はモノビジョンレーシックと同じく、診察の後は日帰りすることが可能です。

レーシックによる老眼治療のリスクは?

レーシックによる老眼治療にも以下のようなリスクは存在しています。

・術後、一時的にドライアイになることがある
・術後にハロ・グレア現象が出ることがある
・モノビジョンレーシックの場合、右目と左目で視力が異なるので慣れるまで違和感がある
・遠近両用白内障手術の場合、眼内炎や後発白内障のリスクがある

レーシックによる老眼治療によるリスクは、一般的なレーシックとほとんど変わりません。
ですがモノビジョンレーシックの場合、あえて右目と左目の視力を変えていることから、見え方が術前と変わってしまうことは避けられません。
右目と左目の使い方に慣れると違和感は収まってきますが、それまでは「以前の方がよかった」と感じてしまうかもしれませんね。

遠近両用白内障手術では、術後の目の管理がたいへん重要となります。
術後すぐには眼内炎のリスクがありますし、しばらくして後発白内障を発症すると再手術になる可能性があります。
いずれも術後の検診をしっかり受けることが、後遺症発症を防ぐために欠かせないのです。

老眼によるピント調整機能の衰えはレーシックで治療できる!

人間は誰しも年齢を重ねていきます。
老化現象のひとつである老眼からは逃れることができません。
かつては老眼鏡をかけるしか対処方法がなかった老眼も、今ではレーシックで治療ができるようになりました。
ピント調整のわずらわしさから解放され、遠くも近くもしっかり見ることができるレーシック手術を受けるシニア世代が増えています。
レーシックによる老眼治療は、メガネをかけ分ける煩雑さから解放され、旅行やスポーツ、運転などが大変楽になったという声が多く上がっている方法なのです。

関連記事

  1. ラゼック、エピレーシック、PRKの違いと共通点

  2. レーシックってどんな術式?何を使うの?治療方法について

  3. イントラレーシックってどんな術式?種類や使用機器、治療法からリスクまで…

  4. レーシックで遠視は克服できる!治療法からリスクまで

  5. 円錐角膜の画期的な治療方法「クロスリンキング(角膜強化法)」は視力矯正…

  6. あのサッカー選手が選んだアイレーシックはどんな術式?種類や使用機器、治…

注目のトピックス

独占インタビュー特集