手術せずに視力を矯正するオルソケラトロジーの治療方法とは

オルソケラトロジーってどんな治療法?

オルソケラトロジーとは、特殊なコンタクトレンズをつけることで角膜の形状を矯正する治療法です。コンタクトレンズを就寝前につけ、起きたらはずすことで角膜の中心部部分が平らになり、日中の視力が上がります。
一般的なレーシックは角膜を切開してフラップを形成し、レーザーをあてて視力矯正しますが、オルソケラトロジーは角膜に傷をつけることはいっさいありません。
治療で使用するのは、酸素通貨性の高い角膜矯正用コンタクトレンズです。
一般的なコンタクトレンズは夜間につけると目が傷つくといわれ、やめるように指導されますが、オルソケラトロジー用のコンタクトレンズは就寝中でも装着することができます。
就寝中に角膜を圧迫することにより、一定期間は角膜の形状が変わり近視が改善されるのです。

オルソケラトロジーで矯正できるのは近視と軽度の乱視であり、遠視を矯正することはできません。
検査の結果、オルソケラトロジーが適用されるという判断になれば、まずテストレンズを装着してみて効果があるかどうかをみます。
そしてその後、その人に合ったオルソケラトロジー用レンズを作成します。
レンズをひと晩装着してから効果が持続する時間には個人差があり、数日はよく見えるという人もいれば一日で効果が薄れる人もいますので、装着頻度はその人によって違ってきます。
またレンズは数年に一度作り替える必要があるということも知っておきましょう。

オルソケラトロジーがおすすめな人は?

角膜を切開することのないオルソケラトロジーは、以下のような人に向いています。
・メガネやコンタクトレンズを使用せず、日中を裸眼で過ごしたい人
・スポーツをしたり、体を使う仕事をしている人
・レーシックによるリスクを回避したい人
・レーシックができない年齢である18歳未満の人

オルソケラトロジーは、夜間に視力矯正をすることで日中を裸眼で過ごすことができるようになります。
そのためメガネやコンタクトレンズ装着から解放され、スポーツをするときや、仕事をするときにもわずらわしさを感じることがなくなります。
またレーシックで角膜を切開することによるドライアイや、ハログレア現象などのリスクが気になっている人におおすすめの矯正方法です。
そしてレーシック手術をすることができない18歳未満の子供でも、オルソケラトロジーなら視力矯正をすることができるという利点があります。
むしろ若い年代のほうが角膜が柔らかく、矯正効果が出やすいためおすすめです。

オルソケラトロジーとレーシックとの違いは?

この両者には、まず「角膜切開するかしないか」という違いがあります。
その他には以下のような相違点があります。

・オルソケラトロジー
18歳未満の子供でも受けられる
角膜が薄い人でも受けられる
角膜切開しないため、ドライアイやハログレア現象などの後遺症の心配がない
施術によるダウンタイムや運動の制限などがない
継続して装着しないと効果がきちんと現れない
効果がすぐに現れないことがある
新しいレンズに交換することで、目の状態に合わせて治療継続できる
気に入らない場合はレンズを外すことで元の状態に戻すことができる

・レーシック
18歳未満の子供は受けられない
角膜の厚みが足りない人は受けられない
角膜切開によるドライアイやハログレア現象などの後遺症の心配がある
回復のためのダウンタイムや運動の制限などがある
一度施術すると視力が長い間保たれる
効果をすぐに感じることができる
複数回の手術はできないことがある
手術の結果に満足できなくても、もとの状態に戻すことはできない

オルソケラトロジーとレーシックには、さまざまな違いがありますが、特に重要なのは「もとの状態に戻せるかどうか」という点です。
レーシックは角膜を削るため、その後の再手術が難しい面があります。
その点オルソケラトロジーは、コンタクトレンズを外してしまうことでもとの状態に戻すことができますし、視力の変動にも対応することができるのです。

オルソケラトロジーのリスクとは

角膜切開をしないオルソケラトロジーにも、リスクは存在しています。
・コンタクトレンズの洗浄や消毒が不完全な場合、感染症にかかることがある
・つけるのをさぼると、視力がもとに戻ってしまう
・小さな子供の場合、付けはずしや管理が大変になることがある

オルソケラトロジー用のレンズも、通常のコンタクトンズと同じように毎日洗浄・消毒をする必要があります。
この日々のケアがどれだけ行き届いているかで、感染症などのリスクが大きく変わってきます。
18歳未満の子供の場合、ついケアがおろそかになりがちですので保護者が注意してあげる必要があります。
またコンタクトレンズに不慣れな場合、付け外しに時間がかかったり、違和感をおぼえたりして装着するのがいやになることもあると知っておきましょう。

夜間に視力矯正できるオルソケラトロジーなら、昼間裸眼で過ごすことも可能!

オルソケラトロジーは、寝ている間にコンタクトレンズを装着することで、角膜の角度を変えて視力矯正をしていきます。
日中を裸眼で過ごせるというのは、思った以上に快適なもの。
メガネからコンタクトレンズに替えたときの感動が、角膜切開の危険性なしに味わえるのはオルソケラトロジーだけです。
また18歳未満に適用可能な方法ですから、昼間だけでも裸眼で過ごせるというのは、子供にとってもスポーツやレクリエーション、勉強などのさまざまな可能性が広がっていくでしょう。
レーシックよりも費用がかからない方法でもありますので、興味がある人は一度クリニックで相談してみることをおすすめします。

関連記事

  1. 白内障の治療にレーシッククリニックが最適な理由とは?リスクを最小限に抑…

  2. あのサッカー選手が選んだアイレーシックはどんな術式?種類や使用機器、治…

  3. レーシックで老眼治療ができるのか?種類や使用機器、治療法からリスクまで…

  4. 円錐角膜の画期的な治療方法「クロスリンキング(角膜強化法)」は視力矯正…

  5. ラゼック、エピレーシック、PRKの違いと共通点

  6. 次世代の視力矯正手術・リレックススマイルとは?治療方法や効果、リスクま…

注目のトピックス

独占インタビュー特集