視力回復法※レーシック手術の真実

一般的な視力回復の方法はこの4つ!

  • メガネ
    子供からお年寄りまでできる目にやさしい視力回復方法なのですが…。
  • コンタクトレンズ
    多くの方が使用しているコンタクト。お手入れを除けば言うことなしの視界なのですが…。
  • 視力回復センター
    できるだけメガネをかけさせたくない小学生の子供が多く通っていますが…。
  • レーシック
    最新の視力回復手術。翌日から裸眼生活開始!

 

メガネの欠点とコンタクトレンズの危険性

a140視力回復する方法としては、視力を一時的に矯正するメガネやコンタクトレンズが一般的ですが、コンタクトの装用限界年数は25年と言われています。

コンタクトレンズの長期使用は角膜傷つけるだけでなく、角膜自体を薄くしてしまったり、角膜の内皮細胞が減少してしまいます。

角膜が薄くなってしまうとレーシック手術を受けることはできません。
また角膜内皮細胞が減少してしまった場合は将来的に白内障の手術が必要になった場合も手術を受けることができず、最悪失明と言ったケースもあるそうです。

メガネより視界が広く邪魔にならないコンタクトレンズですが、外してしまえば見えなくなります。災害の緊急避難時などはコンタクトレンズを装用する時間がなく、避難に困ってしまったという方も多かったようです。

メガネもコンタクトも、就寝時や海・プール・温泉などでは使用することができず、怖い思いや残念な思いをされている方も多いのではないでしょうか。

視力回復センターの効果

a141視力回復センターでの視力回復トレーニングには「根気」が必要です。

レーシックを受けることができない未成年者にはオススメの視力回復方法かもしれませんが、実際いつになれば視力が回復するのか?本当に視力が回復するのか?という問には「?」という答えになってしまいます。

また、視力回復トレーニングによる視力向上は、0.2→0.4という程度で、メガネやコンタクトレンズの必要がない程度まで視力を回復することは非常に難しいといえます。

一日でほぼ確実に視力回復できるレーシック

qanda02-004 最近レーシックてよく聞くけど、どんな手術なの?

qanda02-0399 レーシックとは、角膜をレーザーで削る事により屈折異常を調整して視力を回復させる手術です。

a114メガネやコンタクトは、屈折異常でピントが合わない目を外側からレンズで矯正しますが、レーシックは角膜を直接削って屈折異常を矯正する方法です。

つまり、メガネやコンタクトレンズをつけるのと同じくらい確実に視力回復が期待できますし、レーシックで削る角膜は目の外側にあるものなので、失明の危険もありません。

現在行われている視力回復手術は「イントラレーシック」が主流で、手術のすべてをコンピューター制御されたレーザーで行うことで、安全性や正確性、精密性が格段にアップし、手が直接目に触れることもないので感染症防止にもつながっています。

イントラレーシックは、その安全性と手術後の視力回復が早いことで、NASAが宇宙飛行士に、米軍がパイロットに使用を承認していて、手術を受けた全ての海軍パイロットに能力と技能の向上が認められていると報告されています。

レーシックの手術自体は10分程度の短いもので、医療的には非常に簡単な手術の分野に入りますが、取り返しの付かないことにならないようにするためには、実績と経験のあるドクターがいて、アフターケアをしっかり行なってくれるクリニックを選ぶことがレーシック手術において最も重要なポイントと言えます。

レーシックは毎日メガネやコンタクトを装用する手間や面倒がなく裸眼で生活することができる、今最も注目されている視力回復手術なのです。

注目のトピックス

独占インタビュー特集