緑内障とレーシック

眼圧が高くなる事により視神経が圧迫され視野の範囲が狭く見えづらくなっていく病気緑内障。
この緑内障をすでに発症している場合、レーシック手術は受ける事は出来ないのです。

その理由は眼圧です。
緑内障は眼圧が高くなる事によって起こる病気です。

レーシック手術は、角膜の表面を薄く削り、フラップという蓋を作ります。
この蓋の下の角膜を削る事によって屈折率を変え、視力を矯正するのですが、フラップを作成したときに吸引してフラップをめくる必要があります。
この時に眼圧が上がりますのでさらに視神経を圧迫する原因となってしまう可能性があるからです。

基本的には緑内障を発症している場合にはレーシック手術を受ける事は出来ないと考えておいたほうがよいでしょう。

しかし、レーシックを行っているクリニックの使用している機械や、医師の技術力によっては受ける事も可能という判断が下される場合もあります。
これはレーシック院によって異なりますし、レーシックを受けたいと考えるクリニックで適応検査を受けてみればわかる事です。

レーシック手術を希望する場合には、実績と信頼のある安心できるレーシッククリニックを選ぶようにしましょう。

関連記事

  1. レーシックと飛蚊症

  2. レーシックと乱視

  3. 弱視とレーシック

  4. レーシックと強度近視

  5. レーシックと網膜剥離

注目のトピックス

独占インタビュー特集