弱視とレーシック

弱視とは、メガネやコンタクトレンズで矯正しても、1.0以上の視力に矯正されない症状のことを言います。

弱視の原因は生まれつきの目の病気を持っていたのか、乳幼児期に屈折異常が起こりその影響で視力が上がらない場合があります。
生まれつきの目の病気には白内障や緑内障が挙げられます。

乳幼児期の屈折異常には近視や遠視などがありますが、おかしい状態のまま脳へその情報が送られると視神経の発達に支障をきたします。
その為、屈折異状による弱視はなるべく小さいうちに治療を始めることによって回復が見込めるのです。

早ければ早いほど良いと言われており、それは10歳ごろになってしまうと視神経の発達が止まってしまうからだと言われているためです。

近視や乱視、遠視と言った視力はレーシックを行うことによって回復が可能ですが、弱視はレーシックで治すことは出来ません。
レーシックは基本的にメガネやコンタクトレンズで矯正可能な所まで回復が可能と考えられています。

視力が0.1で、メガネやコンタクトを使用した視力が1.0だった場合、レーシック手術を行った際にも1.0まで視力が回復すれば成功と言われています。

関連記事

  1. レーシックと飛蚊症

  2. レーシックと網膜剥離

  3. レーシックと乱視

  4. レーシックと強度近視

  5. 緑内障とレーシック

注目のトピックス

独占インタビュー特集