レーシックと乱視

近視矯正のイメージが強いレーシックですが、レーシックでは乱視も矯正することが出来ます。

乱視というのは誰にでもあり、水晶体や角膜の球体の歪みです。
乱視には2種類があり、正乱視というものと不正乱視というものがあります。
正乱視というのは、瞳の部分の丸みが場所によって変わることから起こります。

この場合には円柱レンズにて矯正が可能です。
不正乱視は瞳の表面上がでこぼこになっている状態の事を言います。
目を負傷したりする場合に起こるようで、水晶体に異常がない場合には正乱視と同じように矯正が可能となります。

レーシックでも乱視治療が可能となっており、ウェーブスキャンという高度な瞳の歪みを測り、どの部分をどれだけ削ることにより、どれくらい回復させることが出来るかという高度な機械も開発されてきていますので、今までは治療が難しかった不正乱視なども治療可能な場合も増えてきています。

乱視の方がレーシック手術を受ける場合には、角膜を削る部分を保護する形で作るフラップは、楕円形で作成したりします。
自分の持っている乱視がレーシックで回復可能かという事は適応検査にてわかりますので、乱視を治したい人は適応検査を受けてみるとよいでしょう。

関連記事

  1. 弱視とレーシック

  2. レーシックと強度近視

  3. 緑内障とレーシック

  4. レーシックと飛蚊症

  5. レーシックと網膜剥離

注目のトピックス

独占インタビュー特集