レーシックと網膜剥離

レーシックと網膜剥離の繋がりについて調べてみました。

まず網膜剥離の手術を受けた後にレーシック手術を受ける事が可能かと言う点ですが、網膜剥離の手術を受けてから半年以上が経って目の状態が安定しているようであればレーシック手術を受けるのは可能です。

しかし、その為には網膜剥離の手術を行った眼科にてレーシック手術を受けたいと言う事を相談したほうが良いです。

逆のパターンとして、レーシックを受けると網膜剥離になるのか?
と言う点ですが、レーシックを行う時には、フラップと言われる角膜の蓋を作成し、その蓋を吸引してめくり挙げるため一時的に眼圧が上がります。
この時に網膜にも若干の負担がかかることは考えられますが、このレーシックが原因で網膜剥離になると言う事は無いです。

レーシック手術を行うには様々な細かい適性検査を受けなくてはいけませんが、その中に眼底検査と言う網膜の状態を調べる検査も入っています。
その時に網膜剥離など網膜の異常が見つかった場合は、レーシックよりも網膜治療のほうが先決されます。

関連記事

  1. レーシックと強度近視

  2. 緑内障とレーシック

  3. レーシックと飛蚊症

  4. レーシックと乱視

  5. 弱視とレーシック

注目のトピックス

独占インタビュー特集