レーシックと強度近視

レーシック手術は角膜の一部を削って行う視力矯正手術ですから、角膜が薄い人や、角膜の形状がゆがんでいる人というのはレーシック手術を受けられない可能性もあります。

また角膜の厚みがあっても強度近視の場合など削る角膜の量が多くなる可能性のある場合にはレーシック手術が不可と判断される場合があります。

レーシック手術を行う場合には、レーザーで角膜を削除した部分を保護する働きをする角膜上皮部にフラップという蓋を作成しますが、このフラップと切除する角膜の部分を合わせても、250ミクロン以上の角膜ベッドという角膜の厚みを残さなくてはいけないという決まりがあります。

強度近視の場合、削る角膜の量も当然多くなりますから250ミクロン以上の角膜ベッドが残せないとなった場合にレーシックは不可となるのですね。

しかし、近年のレーザー機械や執刀医氏の技術の向上によって、フラップを薄く作成する方法も進化しています。
レーザーによるフラップ作成は100ミクロンほどでフラップを作成する事が出来、マイクロケラトームという医療用カンナを使用する場合でも、110ミクロンほどでフラップを作成する事が出来るマイクロケラトームが開発されるなど技術も進歩しています。

フラップを薄く作成する事が可能になるという事は、それだけ強度近視の人でもレーシックを受けられる可能性が増えるという事に繋がります。

強度近視の人でも諦めず、技術の高い、最新のレーザー機器を用いているクリニックを探す事でレーシックが可能というわけです。

関連記事

  1. 弱視とレーシック

  2. レーシックと飛蚊症

  3. レーシックと乱視

  4. 緑内障とレーシック

  5. レーシックと網膜剥離

注目のトピックス

独占インタビュー特集